相手をいらっとさせない話し方

相手をいらっとさせない話し方

一生懸命話しているつもりなのに、 なぜか相手をイライラさせてしまう。 自分の話をまともに聞いてもらえない あなたはこんな経験ありませんか? そんな気持ちを抱いているあなた あなたは話し方で損をしています 正確にいうと話すときの態度が 相手にいい印象を与えていない可能性があります。

いい印象を与える、与えないは紙一重

話すときに「いい印象」を与えるか 「よくない印象」を与えるかは、 1、口の開け方 2、視線 3、姿勢 で決まります。 話す内容よりも話す前の段階で 相手はあなたの話を真剣にきこうかどうかを 無意識のうちに判断しているのです。 これからご紹介する たった3つのやり方を実践するだけで よりあなたの話を相手は 真剣にきいてれるようになります。 お試しください。

対策1・・・口の中を見せるつもりで

まずは口をしっかりと開いて話しましょう。口の中を見せて話すイメージがわかりやすいでしょう。 声がしっかりと相手に届きやすくなります。

対策2・・・相手の目を見て話しましょう

基本的なことですが、以外とできていません。ただ見つめ過ぎると怖い印象を与えることになります。 マンツーマンのコミュニケーションでは7秒程度目を見る程度でよいでしょう。

対策3・・・ 相手に『おへそ』を向けて話す

相手におへそを向けてことばを届けましょう。 体ごと相手に向けるという行為自体が 『あなたを大切に思ってます』というメッセージになります。

まとめ・・・相手にいらっとさせない話し方

こうしてみると、とてもシンプルな習慣で解決することができます。 ただ慣れとは恐ろしいもので、レッスンに来られる方をみていると、 こうした習慣ができていない人がほとんどなのも事実なのです。

対策1 口の中を見せるつもりで

対策2 相手の目を見て話しましょう。

対策3 相手に『おへそ』を向けて話す。

今日から試してみてください。

きっといままでとは違う相手との

ラポール(分かり合えてる感)を構築することができます。

お試しください

ボイトレレッスン動画をメルマガ形式でプレゼントします。

アマートムジカ Line登録

あなたもたった1日で理想の声を手に入れませんか

電話受付 11:00-20:00