話す内容を生かすも殺すも「声」!自信がつく3つのルール

アマートムジカの1日修得ボイス&メンタルトレーングレッスンで

は私(司 拓也)は毎回こんな質問を生徒さんにします。

「声の悩みが改善したら、どんな自分になれると思いますか?」

一番多く聞かれる生徒さんからの言葉が

「もっと自信を持ちたいです」

 

⬛️大きな声で話しさえすれば、自信に満ちた堂々とした人間に近づく

大きな声で話している人をみた時、無意識に

「この人は外交的な人だな、自信がある人だな」

と思ったことありませんか?

 大きな声で話してみましょう。

大きな声で話すと、すこしづつ自分に自信が出てきます。

周りの人は、

「この人、こんな大きな声で話せるっていうことは、

自分に自信があるからだ」

と思います。

⬛️「声を出せ!動け!汗をかけ!」

この言葉は私(司)が、

学生時代アルバイトしていた

テニスのインストラクター新人時代に

上司から常に言われていた言葉です。

 

「新人のお前にコーチング技術やスキル、経験がないのは、

お客様もわかっている。

前が今できることはこの3つしかない!!やれ!!

 

もっと手取り足取り丁寧にコーチングスキルを

教えてほしいとおもっていた甘え根性をもっていた私にとって、

 こんなことで本当にうまくいくのかと半信半疑でした。

 

続けていく中でとてもこの言葉の意味が深く理解できました。

現場で学ぶことは何よりも大きな経験になりました。

その現場の中でスキルや経験を吸収できた黄金の3カ条でした。

 

8ヶ月後にはチーフコーチを任されるまで

成長させていただくことができたのは、

この言葉のおかげです。

 

⬛️声は生きる力としてのエネルギー、自信のあらわれ


声は生きる力としてのエネルギー、自信を表しています。

何事も初めてのことを経験する時、相手が自分よりも格上の時、

心が萎縮してしまうことがありますね。

 

そんな時はさきほどの言葉を思い出してみてください。

「声を出せ!動け!汗をかけ!」

 

自分に自信がない時ほど、

普段より倍近くの大きな声で話し、行動し、汗をかく。

「エネルギー」「存在感」「やる気」で

負けないようにしましょう。

スキルはあとからついてきます。

 

⬛️変わりたいなら「やりすぎくらいやる」

大きな声で話すことで、信念のある人、自信や確信を持った人と人は判断します。

協力者や、賛同してくれる人が現れます。

いままでの自分を変えてみたい!

そう思う方は、マイナーチェンジではいけません。

やりすぎくらいやる。

フルモデルチェンジするつもりで

声で自分を変えていきましょう。

効果バツグンです。

やらないと損です。

 

⬛️仕事のピンチを救った声

前職の保険会社に勤めていた時に

日程調整から、価格交渉、示談交渉など

様々な交渉ごとを経験しました。

 

交渉ごとや、人と争うことはとても苦手でした。

なぜなら言葉のやり取りをしていく際に、

声が相手に届かずに言い負かされてしまう。

クレームを受ける。

当時の私の声は蚊の泣くような声で話していました。

 

クライアントから

「誠意がない」「やる気がない」「頼りない」

といわれたことが数知れず。

 

自分でもどうしたらいいかわからない時に出会ったのが

「ボイス&メンタルトレーニング」でした。

基礎から1から声の出し方を学んで、

メンタルの操縦法を学んだ結果

自信を持って、大きな声で表現できるようになりました。

 

その後、まったく同じ内容を話していても

受け手の反応は変わりました。

「あなたの言葉には誠意が感じられる」

「言葉から元気をもらえました」

「本気度を感じました」

 

話す内容を生かすも殺すも「声」

なんだと思い知りました。

自信を持てるようになる最短ルートは

声を変えることからスタートします。

アマートムジカ Line登録

あなたもたった1日で理想の声を手に入れませんか

電話受付 11:00-20:00