声には心の状態が現れる。自信を持って話せるボイトレ法

⬛️声は嘘をつけない

勢いよく大きな声で話している人を見ると

とても自信があるように見えます。

 

もし、その人が嘘なく確信のある答えをしているなら、

少々の質問に対しても動じることなく、

堂々とその質問に答えることができます。

 

しかし、自分の答えに自信がなかったり

適当な答えをしているときには、

 

突っ込んだ質問をされると、

途端に早口になって、別の話題に逃げようとしたり

逆にさらに大きな声になって正当性を

主張してきたりします。

 

そのときの声は、呼吸が浅く、

喉を閉めた話し方になります。

 

⬛️信用できる相手かどうかを見極める方法

相手が信用できるかどうかを見極めるには

声に着目することをおすすめします。

ときに相手に苦手な分野や、

相手にとって答えにくい質問をしてみましょう。

(意地悪な質問をしなさいという意味ではありません)

たとえばプレゼン資料を作ってきた

部下に対して、

根拠があいまいだなと感じたら、

「この根拠は?」と聞いてみてください。

相手の素の部分が声に現れます。

 

⬛️声が大きいからといって信用しては危険

先日、知り合いのセミナー講師の講演をきいていて

疑問に思ったことを講演後にきいてみました。

その講師からは

疑問に対しての明確な答えが返ってこず

逆に「直感的に大丈夫と感じるから大丈夫なはずです」

と大きな声で連呼。

大丈夫かな?と不安が募りました。

 

 

 

⬛️なんちゃって講師、なんちゃってコンサルタントに騙されない方法

自分にとって自信のある内容を話すときは

人は深い呼吸、強い息で声を出すことができます。

その声には、音量、響き、キレが感じられます。

 

逆に、「なんちゃって講師」、「なんちゃってコンサルタント」

といわれる人は、質問に対して、答えがみつからないときや

答えられないときほど、呼吸が浅く、無理に大きな声で

ゴリ押しをしてきたり、話題をすぐに変えようとしたりします。

気の弱い人はついその勢いに負けてしまい

内容をうけいれてしまいます。

 

少し意識をすると、声を聞くだけで、

呼吸の状態をチェックするだけで

相手が信用に足る人物なのか、

声を聞けばわかるようになります。

 

⬛️堂々と話せるようになるためのトレーニング法

自分にとって、

「完全にわかっていること・説明できること」

「確信が持てないこと・しっかりと説明できないこと」

をきっちりと分けることが大切です。

 

さらに

「確信が持てないこと・しっかりと説明できないこと」

を説明するときは、きちんと調べてから回答する、

わからないなら、わかるところまで説明し、

それ以上については、時間をもらって

きちんとした答えを用意してから答えるようにしましょう。

シンプルな方法ですが効果抜群です。

 

⬛️深い呼吸で話せるかどうかでプレゼン通過率は決まる

深い呼吸でリラックスして話せるかどうかで

相手へのプレゼン成功率は変わってきます。

練習の際は息をしっかり吐きながら

声が出せているかチェックしましょう。

 

きいている相手は、あなたの話すことを

信頼できるに足る提案かどうか、

信頼に価する人間かどうか

呼吸で見定めています。

呼吸に意識を向けてみてくださいね。

 

あがることなく、自信のある声でプレゼンやスピーチが

できるようになりたい方は、短期間で一気に声の使い方を身につけてください。

 

80分でも相当な自信を身につけることができます。

http://amatomusica.com/lesson/trial-lesson

 

 

アマートムジカ Line登録

あなたもたった1日で理想の声を手に入れませんか

電話受付 11:00-20:00