長年の「どもり」「あがり症」が3時間で改善し号泣!

今日(2015年12月27日)は、

話す声の個人レッスンがありました。

講師は私、司 拓也。

 

クライアントさんは・・・

男性 40代の方 会社員 Aさん

 

お悩みは3つ

1、声がどもる

コンビニで物を買う際に、「ス・・・ス・・・Suicaでお願いします」

「ありがとう」と言おうとすると「あ・・・あ・・・ありがとう」

と毎回言い淀んでしまうことがお悩み。

2、あがり症

人前に出ると足がガクガク震えるとのこと

3、声が小さくてこもる

毎回聞き返されるとのこと。どもりと相まって深刻。

 

⬛️レッスン前の音声録音の写真

image2

 

 

<原因調査スキャニング&改善実行>

1、声がどもる

喉が締まったまま、少ない息で話そうとしている。

姿勢にも難。肋骨が下がり、顎が前に出ている。

メンタル面もまたどもったらどうしようという予期不安

→喉を開く発声法に加え、肋骨アップ姿勢矯正

→30分ほどで声が1、5倍近く音量がアップ

→3時間後にはまったくどもらずに

Suica、ありがとうが言えるようになり号泣。

 

2、あがり症

人前に出ると足がガクガク震えるとのことですが、

以外と初見の文章を適正スピードで読んでいるので

真性のあがり症ではないと判断

喉が閉まった酸欠状態でのドキドキを=あがり症と

勘違いしているだけなので、喉を開かせれば一瞬で

治るはず。

→やはり喉を開く発声が身についていくにつれて

スムーズに話せるようになる。ただの酸欠だった。

 

3、声が小さくてこもる

毎回聞き返されるとのこと。どもりと相まって深刻。

声が小さいのは息の量が少ないことと、

ガチガチに固まった身体。毎日1時間近くストレッチを

されているとのことだが、それにしても

肩甲骨も、頚椎まわりもカチカチすぎる

ほかに何か原因があるはず

→ガチガチの身体をほぐす

メンタルデトックス整体を施術

ちじこまっていた身体がユルユルに。

→親指支点か小指支点かをチェック

→小指支点での動きにチェンジ

→肩甲骨、呼吸筋が緩み、声に明るさ、響き、音量が

あきらなに変化

またまた号泣&ヤッター

 

 

<レッスン後>

⬛️レッスン後の音声写真

image1

 

 

image2

 

<こうやって比較すると音量の違いがよくわかりますね>

 

声が出た時、Suicaとスムーズに言えた時、

ありがとうとスムーズに言えた時、

生徒さんの感動と喜びの号泣に

久々に私もウルウル~って

きてしまいました。

 

いつも言い淀んでいたボソボソ声が、

小指の意識ひとつで

声のトーンがガラッと明るく変わったり、

スムーズに声が出せるようになったり。

今日の生徒さんは手強いかも!

と一瞬思った司でしたが、

やはり生徒さんの可能性を信じ、

都度できたところをフィードバックしていく中で、

 

Aさんは、長年の夢であった

・どもらずにスムーズに話せる

・聞き返されない声を手にいれる

を手に入れられました。

 

Aさんおめでとうございます!

ことし最後の東京レッスンで

ほんと一緒にレッスンできて

嬉しかったです。

 

来月またフォローレッスンの際は、

お会いできるのが

楽しみです!

今日の自分にヤッター!

いままでの自分に

ヤッター!

感謝を込めて

司 拓也

アマートムジカ Line登録

あなたもたった1日で理想の声を手に入れませんか

電話受付 11:00-20:00