花粉症・アレルギー鼻炎の鼻づまりでも通る声を出すボイトレ法

花粉症、鼻炎、鼻づまりでも、 鼻声でない、通る声を出すボイストレーニング法

 

こんにちは、ボイストレーナーの司 拓也です。

春の足音が聞こえてきました。

 

同時に聞こえてくるのが くしゃみ、鼻がグズグズ

『花粉症』『アレルギー性鼻炎』

ほんと辛いですね。

 

私もアレルギー性鼻炎で年がら年じゅう

鼻つまり気味の状態です。

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

鼻がつまってしまうとクリアに通る声は

不可能と思っていませんか?

 

そんなことはありません。

練習すればきちんと通る声で話せますよ。

 

普段から、鼻声の方、こもる声の方、声が通らない方は、

 アレルギー性鼻炎や花粉症になると

 

普段の症状とも相まって、

とても聞き取りにくい声になりがちです。

 

原因

声がこもる人の特徴として、

「声を出すときに鼻に息を流しすぎている」

ということ。

 

ひとつ実験してみましょう。

 

両方の鼻の穴を指で塞いでみてください。

その上で、

 

⚫️お釈迦さまは極楽の、蓮池(はすいけ)の淵(ふち)を、

⚫️ひとりでぶらぶら、お歩きになっていらっしゃいました

 

と『蜘蛛の糸』(芥川龍之介 )の一節を読んでみましょう。

 

 

そのときに、

ほぼすべての音が鼻に響くような話し方になっていたら、

明らかに息が鼻に流れすぎです。

 

普段の話し声から鼻にこもった声になっている可能性があります。

 

そもそも正しい発声できていない人が

花粉症やアレルギー性鼻炎、風邪で鼻が完全に詰まってしまうと、

さらに聞き苦しい声になってしまいます。

 

それ以上にご自身が息苦しく話すのがとても辛いですよね。

私も何度もそんな経験があったので 気持ちがとてもわかります。

 

<解決法>

鼻に息を通しすぎない発声を身につけましょう。

口から息を吐く量を増やし、

吐く息のスピードを 早めることが大切です。

 

 

<練習方法>

さきほどの例文を

鼻を響かせないイメージをもって、

『口から一気にたくさんの息を吐き切るイメージ』

何度か読んでみましょう。

動画で説明している

『びっくりスローモーション』

がおすすめです。

 

実際には完全に響かせないようにはなすことは不可能ですが、

3回〜4回くりかえすことで

口から吐く息をスピードアップさせ、

量を増やして話すコツがつかめてくるはずです。

 

これが第一段階です。

 

次に今度は鼻を塞がないで同じように、

『口から一気にたくさんの息を吐き切るイメージ』

 

・おはようございます

・ありがとうございます

・よろしくお願いします

 

と発声してみましょう。

 

きっときれいな通る声で話せていることに気づくはずです。

 

変化がわからない方は、

スマホの録音機能や、ボイスレコーダーで録音して

自分の声を聞いてみましょう。

 

くりかえすことでコツがつかめてきます。

 

大事なのは客観的に自分の声の変化を判断するために

録音して聞いてみることです。

 

この方法は、 選挙活動中の議員さんや、

アナウンサーさんなど 声を仕事で活用している方にも

大変効果があり、通る声を手にいれることができた!

ととても喜ばれましたが、

日常の鼻声を改善するきっかけにもなります。

 

試してみてくださいね。

アマートムジカ Line登録

あなたもたった1日で理想の声を手に入れませんか

電話受付 11:00-20:00