メンタル安定丹田呼吸法でボイストレーニング効果アップ


〜声のトレーニングには心の安定が不可欠〜

声のトレーニングには心の安定が不可欠です。
アマートムジカの1日修得ボイストレーニングでは

声と心と身体は三位一体と考え、
その3つをつかさどるのは呼吸という信念のもと

声とともにメンタルも良い状態に変える
レッスンを行っています。

いくら発声のスキルアップをはかっても
心の状態が安定せず、沈んだ状態では
声は出なくなります。

安定した腹の座った「ぶれない精神」
を育てるには丹田呼吸法がおすすめです。

丹田とは?

人間の生命エネルギーの源
それが丹田と呼ばれる場所です。

丹田の場所のイメージの仕方は、
おへそから指3本分下の場所に
イメージで槍を突き刺します。

さらに両腰骨を結ぶように横から槍を
ぐさっと突き刺し、
その槍同士の交点が丹田という場所です。

丹田呼吸法の効果

ストレスにさらされて自律神経が乱れている
傾向がある現代人は
交感神経が優位に働く傾向にあります。

交感神経が優位になりすぎると
興奮、緊張が高まり、
ストレス度合いが高まります。

緊張、興奮状態をリセットし、
リラックス状態に導くには
副交感神経を優位に働かせる必要があります。

丹田呼吸法をおこなうことで
交感神経と副交感神経のバランスがとれた
やる気とリラックスのバランスのとれた
状態を導くことができます。

自律神経を安定させ、
心も身体も快適な状態を導くことで
声も張りのある生き生きとした明るい声が
出せるようになります。

丹田呼吸法のやり方

それでは丹田呼吸法のやり方を
動画で説明していきましょう。

酸素をカラダにめぐらせる

1.丹田を意識しつつ軽く息を吸ったあと、カラダの力を抜きながら、
空気をすべて吐き出します。

①口から細く長く息を吸い上げ、空気を約20秒間吸い続けます。
②口を閉じたまま、約10秒間息を止めます。
③口から細く長く約10秒間息を吐きます。

足のうらの中央にある、湧泉というツボを通じ、地面から酸素を取り込み、全身をスキャニングしていくイメージで。
酸素が、足のうらから丹田、背中、頭のてっぺんに達したあと、
ひたいから鼻、口、おなかを通って丹田に戻る流れを想像します。

不安やイライラを感じるときは、この丹田呼吸法をくり返しましょう。

呼吸からあなたの今のメンタル状態がわかる

「丹田呼吸法」の一連の動作には、
「つらい」「やりにくい」部分が出てくるはずです。
じつは、その部分にこそ、今のあなたの心理状態が隠れています。

「吸う」のがつらい人は、もともと素直な性格。

本来は自分の気持ちを素直に表現したり、
新しい情報を受け入れられる人ですが、
吸うのがつらいときは、
ガンコになっている可能性が高いです。

「止める」のがつらい人は立ち止まるのが苦手。

変化を望むためになにかしていないと
不安になったり、
スケジュールが埋まっていないと
落ち着かなかったり、
がんばらないといけないという強迫観念があるかもしれません。

「吐く」のがつらい人は、本音がなかなか言いにくいタイプでは?

言いたいことが表現できない状態ですよ、
と教えてくれているのです。

まとめ:メンタルの変化を実感!

丹田呼吸法を続けると、

吸うのがつらい人もだんだん吸えるようになり、
気づくと頑固だった性格が素直に変わります。

止めるのがつらい人は、
落ち着いて状況判断ができる
ようになり、

また、吐くのがつらい人も、
自分の言いたいことが素直に言えるようになります。

呼吸をコントロールできれば
メンタルコントロールも思いのまま

呼吸とメンタルはつながっています。
呼吸をコントロールできるようになると
メンタルコントロールも思いのままになります。

感情に左右されない
ブレない精神力を丹田呼吸法をすることで
身につけられます。

私(司)もこの呼吸法のおかげで
いまでは何百人もの前での講演会でも
落ち着いて話せるようになりました。

声がこもりがちで、長時間はなすと喉が痛くなっていた
森田さんは、何時間話しても喉を傷めることなく
話せるようになりました。

森田さんの感想はこちらをクリック
★こちら

声や話し方にも自信を持って話せるようになります。

たった40秒でメンタルの達人になれる丹田呼吸法
試してみてくださいね。

アマートムジカ Line登録

あなたもたった1日で理想の声を手に入れませんか

電話受付 11:00-20:00