明治大学

2011年7月8日に明治大学様にてボイストレーニング「3時間で感動的に声がよくなる」を講演しました。40名の学生様と事務局様にご参加いただきました。

「声」の土台となる「心」と「身体」を最適な状態にする

「声」を変えるには、その土台となる「心」と「身体」が最適な状態で初めていい声は維持されるというお話をしました。その後、まずはいい声が出るように「身体」を緩めるための「足グリグリ」を行いました。続けて、声が出やすく、メンタルも安定する“立ち方”を伝授。「水ジャージャー」です。

メンタルを安定させ、いざというとき平常心を取り戻せる「武士の丹田呼吸法」吸って、止めて、吐くを約40秒かけて行います。面接やその他本番でも落ち着いて対処できるようになります。

心と身体をリラックスさせたら4人1つのグループにして今の自分の声を聴いて、お互いの声の印象、声から受ける人柄をコメントし合って頂きます。①名前②どこからきたか③趣味、好きなこと④声の悩み⑤どんな声になりたい。そして、小説「蜘蛛の糸」の一部を朗読してもらいました。

いよいよボイストレーニング!

いい声を出すのにポイントとなる「舌の開放」を行いました。舌が固いと声帯に負担がかかるし、舌滑も悪くなります。また、顔の骨を緩めて、響く声に変える「あごのもみほぐし」も行いました。

「舌の開放」と「あごのもみほぐし」だけで声が変わったと歓声があがりました。

次は、発声のメインのポイントとなる、「発声の3つのポイント」

呼吸と発声を連動させる「びっくりスローモーション」

声のエネルギーとなる「空気」取り込み、そして吐き出すとき発声します。この方法で、音量が上がり、早口防止、喉の痛みから解放されます。

発声の3つのポイントの2つ目

だれでも簡単にできる「腹式呼吸」を学びます。これでお腹から声がでます。あまりにも簡単に音量が上がるので皆さんびっくりした様子。

3つ目のポイントは、意志のこもった通る声で話せるようになる「歯に穴」です。声を出す出発点と着地点を知るだけで、聞き返されたり、困ったりすることがなくなります。この方法は歌でも応用でき、一瞬で透き通った高い声も出せるようになります。

発声の3つのポイントを意識して、「変化した声」で、今度は文章を読んでみます。トレーニング前に声とは明らかに変わった声が聞こえてきました。あちこちで拍手とどよめきが起こりました!!

最後は今日学んだことを1から順を追って復習しました。

受講された学生様の声

  • 自分が持っていた声のコンプレックスが少しでも軽減できて気持ちが上向いた。
  • 初めてボイストレーニングを受けたが、本当に変化を感じて感動しました。自分の声に自信のない人はもちろんだが、自信がある人もトレーニングを受けたら絶対得るものがあると思う。トレーニングを受けることが出来て本当によかったです。
  • 3時間半で自分の声が変わった実感があったので、ここで学んだ丹田呼吸法など毎日行って、実際話すときに使おうと思います。
  • 自分の声を他人に評価してもらい、意外な自分の声の印象を聞くことができた。しかし、声と人の性格というものは関係していると知り、自分の声が小さくて通りにくいことが、人見知りで引っ込み気味の性格に関係しているのでは、と思った。
  • 本当に3時間で大きな成果を出すことができて驚きました。吸うのが苦しかったように、最初は半信半疑だったので、参加して本当によかったです。先生の著書ももらえたので、トレーニングを続けることが出来ます。ありがとうございました。
  • 私は今回の講師の先生の著書を読んだことがあったのですが、そこに載っているトレーニグを実践しても、それが本当に正しいやり方なのかどうか、確認が取れませんでした。しかしこの講座を受けたことで、改めて効果を実感することができたとともに、今までのやり方が間違っていなかったことを確認できるいい機会となりました。
  • ボイストレーニングと聞くと、腹式発声などテクニックのようなことを教わるイメージがありましたが、実際は身体的、メンタル的なことから始まったので、意外でした。
  • 先生の第一声を聞いたとき、「なんて素敵な声なんだろう」と思ったのと同時に、私も頑張ろうと思いました。以前別のところでトレーニングをしていたことがあったのですが、周りの人と成果を確かめながら出来たので、前のものに比べてとても楽しく出来ました。

   冬のメンタルアップキャンペーン

あなたもたった1日で理想の声を手に入れませんか

電話受付 11:00-20:00